経営理念

お客様と、メーカーと、三位⼀体。
信頼される会社作りを⽬指します。
私たちは、⾃動販売機を通して⼈と環境の調和を図り、
潤いのある社会⽣活を提供し、
地域社会に貢献出来る企業であり続ける為に
安⼼・安全・確実をモットーに相利共⽣を⽬指します。

会社概要

[ 会社名 ]
関東フーズサービス株式会社
[ 所在地 ]
〒323-0158 栃木県小山市大字梁2275番8
[ 連絡先 ]
TEL:0285-37-7042 FAX:0285-37-7043
[ URL ]
www.kantofoods.co.jp
[ 設 立 ]
平成 2年 3月
[ 代表者 ]
田山 健司
[ 資本金 ]
10,000,000円
[ 決算期 ]
12月31日
[ 取引銀行 ]
足利銀行・栃木銀行・常陽銀行・群馬銀行・商工組合中央金庫
[ 事業内容 ]
自動販売機オペレーター、自動販売機による清涼飲料水の販売・管理運営
[ 主な株主 ]
サントリーフーズ㈱
[ 主な仕入先 ]
サントリーフーズ㈱・アサヒ飲料㈱
キリンビバレッジ㈱・ポッカサッポロフード&ビバレッジ㈱
UCC上島珈琲㈱・大正製薬㈱・富士電機㈱
サンデン・リテールシステム㈱
他各社

地域・社会活動

「地域とともに生きる企業市民として私たちに出来ること」

自治体様の備蓄品のコストを軽減できる事、緊急災害時に3時間以内に避難場所へ運搬する事、配送関係に協力する事、飲料水の安定供給をお約束する事・・・
万が一の時、スピーディーに対応するお約束をしております。

弊社倉庫には常時約20万本の飲料水の在庫を抱えており、弊社の社是でもある「地域社会に貢献する」事を活かす実践として、地域の皆様のお役に立っております。

協定締結自治体

栃木県 小山市、栃木県 宇都宮市、栃木県 下野市、栃木県 栃木市、栃木県 野木町、埼玉県 行田市、茨城県 筑西市



ペットボトルキャップの回収運動

世界ではワクチンがないために命を落とす大勢の子供たちが、まだたくさんいます。その様な子供たちの為に、私たちにも何かできないと考え、ペットボトルのキャップを集めワクチンに変える運動を行っています。飲物を扱う仕事だからこそ出来ることを今後も考えていきたいと考えております。

ペットボトルキャップの回収運動


SDGsへの取り組み

SDGsは、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals.SDGs)」のことであり、2015年9月に開催された「国連持続可能な開発に関するサミット」で採択され、社会問題や環境問題の解決へ向けて世界中が取り組むための17の目標です。

資源は有限です、空き容器や使用済の自動販売機等のリサイクル可能に。
廃棄物の発生を大幅に削減する。発生を削減いたします。
人々がリサイクルに関心の持てる環境を目指します。

リサイクルボックスについて
詳しくはこちら
リサイクルボックスについて
詳しくはこちら

海洋ごみによる海洋汚染を防止し、海洋プラスチックごみの削減を目指します。